岡ちゃんからメッセージ

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95
私は、生まれてから今まで「自分を活かし切る秘訣」をひたすら探求し続けています。
 
偏差値40から合格最低点で阪大に合格したり、YAMAHAのバンドオーディションで大阪代表になったり、アラサーからモデルチャレンジして300名から1位を取ったり、同志社大学/プルデンシャル生命保険/グロービス経営大学院と名だたる所で研修をさせてもらったり。
 
気付けば話題に事欠かない波乱万丈なキャリアになってきていて、「活躍してる」「ドンドン夢を叶えてる」なんて言われますが、ところがどっこい!
 
人一倍、内なる心の声に正直な性分らしく、既存の職業や上手くいくやり方そのままで生きられずもがいたり、神経質/繊細過ぎる感性のせいですぐ傷ついたり、感情の起伏からグズッたり鬱期が到来したり、絶対やりたいくせにメチャクチャ抵抗大きい夢だらけ…
 
自分の中にいる何人もの心の声達を無視してたら、感情、笑顔、未来への期待感、自信や他者への関心がドンドンなくなっていきます。(思い当たる経験ありません?)
 
心の声を押し殺していた銀行員時代、上司に出来ないヤツ扱いされ続け、オトンに「最近オーラなくなったな」とすぐ勘づかれ、ついには足し算すら出来なくなり、運転中は路肩に突っ込む不安と格闘、自律神経失調症一歩手前でした。
 
当時は、乗ったら降りることが許されない「出世競争」という下りのエスカレーターから外れる怖さゆえ心の声に耳を傾けることを必死に避けていた。
 
でも、俺にはそんな人生は無理でした。俺が俺として生きるためには必然的に自分MTGして、自分の中にいる何人もの心の声達と上手く付き合う工夫を重ねるしかない。そうして会社を辞めて以降、人の何十倍も何百倍も心の声を聴いて活かそうと自分MTGを積み重ねてきた。
 
そしたら、自分が「本当に」欲しいものに関しては着実に進められるようになった。その秘訣を凝縮したのが「自分を専攻する大人の大学(愛称:珍獣園)」。
 
間もなくAI時代を迎える我々にとって、”自分の”人生の指針を示す心の声を上手く活かさないのは死活問題だと思います。
 
“自分ならではの”人生について考えたり、自分の中の様々な信念や意見に向き合うのは億劫/面倒で避ける人が大半。でもそれにガッツリ取り組むから、他の誰でもない道を納得感高く開拓していける。
 
我々Serendipは「心の声を聴いて活かす=自分MTG」する仲間を増やし、自分MTGを支え合えるコミュ力を兼ね備えたコミュニティを展開していきます。
自分MTGに興味を持って頂いた方は是非自分MTG体験講座でお会いしましょう♪
 
自分MTG体験講座サムネ